<< Home
   第35期 評議員選挙
 
* 2018年(平成30年)は慶應義塾評議員改選の年にあたります。
  (現在の第34期慶應義塾評議員の任期は2018年10月末日までです。)

* 評議員のうち卒業生評議員(30名)は、塾員の直接投票によって選挙されます。
 
 

 

 

 

お知らせ (2018年3月20日現在)

2018年5月1日に、本ウェブサイト上へ第35期卒業生評議員選挙公告を掲載します。

 

 

投票用紙の送付について

投票用紙は、「塾員原簿」に登録されている住所(2018年8月1日時点※)へ8月末日までに発送します。
※住所・氏名等を変更された方は、7月31日(火)までに変更手続きをお願いいたします。

■ 住所等変更の方法について(塾員センターのページへ)

 

 

 

 

第35期卒業生評議員選挙日程

  5月  1日(火)  本ウェブサイトへ選挙公告を掲載
  6月29日(金)  塾員候補者の推薦締切
  7月31日(火)  住所等変更の締切
  8月 1日(水)  
 塾員原簿の確定
 (この日時点で塾員原簿に登録されている住所宛てに投票用紙を発送します。
   国外居住者へは、航空郵便で発送します。)
 
  8月下旬  投票用紙発送(8/1付塾員原簿の住所へ発送)
 
 *発送状況を、本ページで報告します。
 10月  1日(月)  
 選挙期日(投票締切日、必着)
 (持参による投票は認めません。必ず郵送によって投票してください。)
 
 10月 31日(水)  第35期評議員の公告

 

 

第35期卒業生評議員選挙公告

<2018年5月1日 に掲載します。

 

 

評議員選挙規則(抜粋)

第2章 卒業生評議員の選挙

(選挙権)
第11条 ① 慶應義塾規約第19条第2項第2号の規定による評議員(以下「卒業生評議員」と称する。)の選挙については,塾員は総てその選挙権をもつ。ただし教職員評議員の選挙権を有する者は,その間本条の選挙権を停止される。
② 塾員が前項の選挙権を行使するには,塾員原簿にその住所氏名が登録されていることを要する。
③ 塾員原簿は,選挙期日の2か月前現在を以て,選挙の基準とする。

(被選挙権)
第12条 慶應義塾大学学部または大学院(義塾がかつて設置した高等部,大学附属医学専門部及び獣医畜産専門学校を含む。)並びに慶應義塾看護短期大学の正規の課程を卒業し,年齢25年以上の者で,且つ塾員原簿に登録されている者は,卒業生評議員の被選挙権をもつ。ただし選挙期日及びその前6か月の期間に於て,慶應義塾の設置する学校に在学していた者はこの被選挙権をもたない。

(卒業生評議員選挙管理委員会)
第13条 ① 卒業生評議員の選挙を管理するため,慶應義塾に卒業生評議員選挙管理委員会(以下本章に於て「委員会」と略称する。)を置く。
② 第5条第2項及び第3項の規定は前項の委員会に準用する。ただし委員の任期は4年とする。

(卒業生評議員選挙人名簿の作成備付)
第14条 ① 委員会は卒業生評議員選挙人名簿を作成して,これに塾員の氏名,住所,職業,塾員となった理由及び年度を記載することを要する。その記載事項に異動があるときは,直ちにこれを訂正することを要する。
② 委員会は,卒業生評議員選挙人名簿を委員会事務局(慶應義塾総務部)に備付け,塾員からの選挙資格問合せ等に対応することを要する。

(選挙期日の指定)
第15条 ① 委員会は選挙期日を指定して,その期日の5か月前までに,これを塾長に通知し,かつ公告する。
② 選挙期日は,現在の卒業生評議員の任期満了前1か月以内の日に,これを指定することを要する。

(候補者の推薦)
第16条 ① 理事会は評議員会の意見を聞いた上,50名以上60名以下の範囲内で,卒業生評議員の候補者を推薦することができる。
② 塾員は100名以上150名以下の各連署人の自筆による連署を以て,卒業生評議員の候補者1名を推薦することができる。ただし,評議員会議長,理事,監事及び委員会委員は連署に加わることはできない。
③ 候補者の推薦にあたり,提出された連署簿に不正の疑いがある場合は,連署人に照会する等により調査を行うものとする。
④ 第1項および第2項による候補者の推薦は,選挙期日の3か月前までに,委員会に対してこれを通知することを要する。

(投票用紙及び候補者名簿)
第17条 ① 委員会は,前条の規定に従い推薦の通知を受けた候補者につき,選挙期日の30日前までに候補者名簿を作成して,投票用紙と共にこれを卒業生評議員選挙人に発送することを要する。
② 前項の候補者名簿には,「五十音」順に候補者氏名を掲げ,且つその主たる職業,卒業学校または学部名,卒業年度並びに推薦者(理事会のときはその旨,その他のときは代表者1名の氏名の外何名と記載する。)を記載することを要する。
③ 候補者名簿及び投票用紙の発送は,卒業生評議員選挙人名簿に記載された塾員の住所に宛てて通常郵便を以てする。

(投票)
第18条 ① 卒業生評議員の選挙は,候補者名簿に記載された候補者につき,単記,記名式の投票によりこれを行う。
② 投票は前条の投票用紙を以て自筆によりこれをなすことを要する。
③ 投票は,選挙期日までに到着の郵便によって行う。

(当選者の確定)
第19条 ① 委員会は,公開の場所に於て開票を行う。
② 開票の結果,有効投票の最多数を得た者から順次に30名を当選者とする。
③ 得票が同数の場合には年齢順による。

(繰上当選)
第20条 ① 卒業生評議員に欠員を生じたときには,選挙期日から1年以内に限り次点者から順次に繰上げ当選とし,これを補充する。
② 得票が同数の場合には年齢順による。
③ 第1項に定める期間を経過した後に卒業生評議員に欠員を生じ,これがために義塾規約第19条第1項に定める評議員数に満たなくなったときは,その補充方法は評議員会に於て定める。

(選挙細則)
第21条 第10条の規定は卒業生評議員の選挙に準用する。

<参考>

慶應義塾規約(抜粋)
第27条(塾員)
① 次の各号の一にあたる者をもって塾員とする。
1 慶應義塾大学学部又は大学院の正規の課程を卒業した者
2 慶應義塾がかつて設置した高等部,大学附属医学専門部,獣医畜産専門学校および看護短期大学の正規の課程を卒業した者
3 社頭の特選した者,社頭空位のときは評議員会の議決により特選した者
この塾員の特選に関する規則は別に定める。
② 塾員たる名誉を毀損する行為があったときは,社頭(社頭空位のときは塾長)は理事会及び評議員会の議決を経て,塾員を除名することができる。
③ 塾員が慶應義塾の設置する大学及び大学院に在学するときは,その在学中塾員としての資格を停止する。

*選挙に関するご質問は、選挙管理委員会(メールはこちら)へお問合せください。

すべての文章およびデータの無断複製・無許可使用を禁止します。
Copyright,Keio University. All rights reserved.